プロの脱毛にも種類がある

プロの脱毛にもいろいろ種類があり、処理能力・痛みが変わってきます。
レーザーを使用した方法は、医療機関でしか行うことができません。
エステで使用するものはレーザーと似てはいますが、異なるものなのです。
レーザーよりも低出力の光、フラッシュなどを使用しています。
レーザーの使用は医療行為に該当するため、医療資格を持った医師しか行為を許されません。
皮膚治療に該当し、高出力のレーザーを使用するので肌トラブルのリスクは高いです。
そのため、処理後のアフターケアも徹底して行われています。
また、医療機関では薬を使用することができるので、万が一トラブルが生じてもスムーズな処置が可能なのです。
光脱毛はエステサロンの主流となりつつある方法です。
レーザーよりも低出力ですが、照射範囲がかなり広くなっています。
照射時間も長くなりますが、広範囲の処理が可能なので、短時間で処理できるメリットがあります。
レーザーとの違いは永久脱毛が行えないことですが、処理回数を増やすことで薄くすることは可能です。
これを減毛効果と呼んでおり、家庭で処理する方法では得られない効果となっています。
そのほか、ニードルと呼ばれる針を使用した方法もあります。
この種類の機器はあまり見られなくなってきており、一部の医療機関やエステが使用するにとどまっています。
非常に痛みが強く、現在はレーザーや光を使用した方法が主流ですが、一部の医療機関では取り扱っています。